暇な日々にスパイスを

学んだ技術の備忘録

Deep Learning 食べ物&その他編

モノクロ→カラーだけだと、元との比較ができません。 そこで、自分が撮った写真から適当にカラー→モノクロ→カラーに変更してみました。 全てiPhoneで撮っています。 画像多いので重いです。

Deep Learning 着色実験 景色編

モノクロ→カラーだけだと、元との比較ができません。 そこで、自分が撮った写真から適当にカラー→モノクロ→カラーに変更してみました。 全てiPhoneで撮っています。 画像多いので重いです。

Deep Learning 着色実験 水槽編

モノクロ→カラーだけだと、元との比較ができません。 そこで、自分が撮った写真から適当にカラー→モノクロ→カラーに変更してみました。 全てiPhoneで撮っています。 画像多いので重いです。

Deep Learning 着色実験 花編

モノクロ→カラーだけだと、元との比較ができません。 そこで、自分が撮った写真から適当にカラー→モノクロ→カラーに変更してみました。 全てiPhoneで撮っています。 画像多いので重いです。

Deep Learningでモノクロ画像をカラーに!

Deep Learningが流行った時に読んだ記事の中で、モノクロをカラーにするというものに心惹かれていました。 それを実際に試してみました。

React 1 環境構築

Windows端末でReactの開発環境を構築する必要あったため手順をまとめました。 まだReactについては勉強中です。

Spring Boot 20 実行時のコンソール廃止

Spring Bootで作成したアプリケーション(jar)をWindowsで実行時にはコンソールに表示していました。 ログも流れて確認しやすいですし、終了時はコンソールを閉じれば良いため便利でした。 しかし、コンソールを閉じるとアプリケーションも強制終了してしまい…

Spring Boot 19 CORSを許可する

Spring Bootで実装したAPIを、異なるドメインのページからAjaxで呼び出した際に以下のエラーが発生し、Ajax側がこけます。 No 'Access-Control-Allow-Origin' header is present on the requested resource. セキュリティ上、異なるドメインをAjaxで呼び出す…

Java CamelCaseとsnake_case

Spring Bootの実装時に微妙に困ったことです。 Javaは基本的にCamelCaseです。 JSONはsnake_caseです。 リクエスト、レスポンスの対象名が微妙に異なります。 Jacksonの機能を利用することで、ある程度は自動化できるようです。 qiita.com しかし、Sprong Bo…

SpringBoot 18 エラー時のデフォルトレスポンスを実装

SpringBootではエラー時のデフォルトレスポンスが実装されています。 StackTraceまで表示されるのはデバッグ時には便利ですが、ユーザには見せたくありません。 また、独自のエラーレスポンスで置換えたい時があります。 そこで、デフォルトレスポンスを実装…

Spring Boot 17 RestTemplateのバグ対策

久々のSpring Bootです。 RestTemplateでエラー時のテスト実装中にハマりました。 RestTemplateは返り値のステータスコードが異常系の場合、HttpClientExceptionを発生させます。 このHttpClientExceptionからステータスコードやレスポンスボディを取得可能…

Ruby on Rails 感想 Rubyって凄い!

Ruby on Rails の感想です。 Rails Tutorialを2週したので、資産管理アプリを試作してみました。 Tutorialの成果を元に4日ほど試作してみての感想です。 結論はRubyって凄い!

Ubuntu で Ruby on Rails

VMWare EXSi 上に作成したUbuntu 16.04 LTS に対してRuby on Railsの環境を構築します。 Ruby on Rails 準備 Ubuntuに対してRuby on Railsの環境を構築するまでは以下のサイトを参考にしました。 Ruby on Rails 4.2 を Ubuntu にインストールする手順をかな…

Ruby on Rails Tutorial その6

Ruby on Railsの第6章を行います。

iPadをサブディスプレイ化

iPad Pro 9.7を購入しました。 ペーパーレスに憧れて電子メモ帳を探していたのですが、モノクロやPCとの共有機能を考えると結局はiPadで良いのでは?となりました。 (正解はSurfaceだと思いますが) お絵かき以外にも使えないかと調べたらサブディスプレイとし…

Ruby on Rails Tutorial その5

第5章ではBootstrapを導入します。 Sassについても説明されているため、Ruby on RailsのついでにSaasも勉強することができます。 Ruby on Railsだけでなく一般的な最新Web技術に触れられる機会があるのも良いTutorialだと思います。 また、レイアウト機能を…

Ruby on Rails Tutorial その4

Ruby on Rails Tutorialの第4章ですが、内容はRubyのお勉強です。 既にRubyをある程度触ったことが有る方は、中盤までは復習です。 途中でRuby on Railsでの特色が紹介されていました。

PacVim ゲームでVim

最近Vimを使い始めました。 が、移動に慣れないため、まだ使いづらさの方が強いです。 そこで、ゲームで移動方法を練習できるそうなので遊んでみました。

Ruby on Rails Tutorial その3

第3章を行いました。 Ruby on Rails Tutorial では、Ruby on RailsだけでなくWebアプリケーションの開発について(REST)やDRYやテスト駆動開発についても学ぶことができます。 また、Gitも利用しながら試せるためGitも身につきます。 とても良い教材だと思い…

Ruby on Rails Tutorial その2

第2章では scottfield を利用しRuby on Railsの凄さを学んでいきます。

Ruby on Rails! Tutorial その1

何かと良く聞くRuby on Railsの勉強をしようと思います。 書籍も大量に出ているようなのですが、まずはネットで試してから購入しようと思います。 勉強にはRuby on Rails Tutorialを順番に進めていきます。 元は英語ですが、日本語訳されています。

Git-it!でGitHubのお勉強

実際にGitHubを使ってGitのお勉強ができるサービスを試していみました。 1時間くらいで一通りの操作を体験できるのでおすすめです。

Spring Boot 16 環境ごとに設定ファイルを変更

ローカル,検証,公開と環境に合わせて変更したい設定が有る場合に、都度設定ファイルを用意するのは手間ですし、バグの元です。 それぞれの環境ごとの設定ファイルを用意し、実行時に指定した設定ファイルを読み込むようにします。

Spring Boot 15 Proxyの設定

家で開発している分には現れないですが、職場だとProxyの設定が必要になってくることもあります。 そこで、RestTemplateに一括してProxyを設定します。

C==C++ ? 名前の疑問

C++という言語があります。 名前の由来は、C言語に対して1つ先のもの、ということでC++(++で1加算の意味)と名前を付けられたそうです。 ふと疑問に思ったのですが、C++は後置インクリメントです。 つまり、C++の値は参照時点ではCの値を指しているはずです。…

Spring Boot 14 内製Tomcatを起動しない

SpringBootで作るWebAppの利点に内製Tomcatが有るというのがあります。 spring-boot-starter-web をgradleやmavenで追加するだけで起動するようになります。 この spring-boot-starter-web には簡単にRestClientを作成できるRestTemplateも含まれています。 …

Qiita 初投稿

Qiitaに記事を初投稿しました。 Qiita記事一覧にストック数に応じた背景色を塗るユーザースクリプト - Qiita

BootStrap テキストに対して溢れた文字を省略

表示しているテキストが、意図しているものより長い場合、デザインが壊れないように溢れた文字を省略したいですよね。 それをBootStrapの画面サイズに合わせたCSS変更に合わせて適用するお話です。

じゃんけんのプログラミング

私がプログラミングの楽しさに目覚めた内容です。 久々に思い出して懐かしくなったので、まとめます。

StackEdit! markdownでフローチャート

フローチャート図を書く機会があったので、以前から気になっていたStackEdit!を利用してみました。 StackEdit!はブラウザ上で使えるMarkdownエディタです。 ブラウザ上から使用できるのも便利ですが、なんといってもフローチャートやシーケンス図を記述でき…

Spring Batch チャンク管理された一連処理

Spring Batch 前回からの続きです。 今回は、公式に乗っていたチャンク管理された一連処理についてです。

Spring Batch Hello world

Spring Batchを試していきます。 Batch処理はshellかrubyで書けば良いと思うんですが、せっかくのSpring系列にいたので試してみます。 利点としてはプロパティファイルを共有できるという点があるようです。

Spring Boot 13 リストの表示

画面へ繰り返し項目の表示を行います。

AppleWatch 感想

AppleWatchを昨年の11月に購入しました。 3ヶ月程度使っての感想です。 まだまだ有効活用できていないので、次回は活用方法を調べて、良いなと思ったものをまとめます。

RPGツクールMV 1 初めての感想

RPGツクールMVをSteamで購入しました。 RPGツクールで作られたフリーゲームは遊んだことはありますが、ツクール自体を触ったことはありません。 購入理由としては、MVがJavaScriptを採用し、マルチプラットフォーム化したことで、賑わっていたから興味を持っ…

Spring Boot 12 多言語化対応

i18nと呼ばれる多言語化の対応を行います。

Spring Boot 11 navbarによるヘッダの作成と読込み

BootStrapのnavbarで作成した共通のヘッダを、Tyhmeleafの機能で埋め込みます。

SpringBoot 10 Thymeleafで画面作成

Spring Bootの画面を作成していきます。 SpringBootの画面はThymeleafで作成していきます。 その他にも手段はあります。(JSPは非推奨とのこと)

Spring Boot 9 Error遷移時の共通処理

Error遷移時の共通処理を実装していきます。

Spring Boot 8 リクエスト, レスポンスのログ出し

SpringBootのログ出しについてです。 以前書いたAOPのログ出しですが、 メソッドのIn,Outについての出力です。 WebAPIではリクエスト,レスポンスも出力出来たほうが良いと思います。 そこで、Controlerの前後に実行されるInterceptorを実装します。

Spring Boot 7 Jacksonのシリアライズ、デシリアライズを置換え

Jacksonのラップ処理についてです。 SpringBootで何を実装していくかは、以下を参考にしているのですが、この5番目です。 Spring Bootをはじめる時にやるべき10のこと

Lombok STSへの適用

Spring Tool Suiteには、Lombokが適用されてはいないようです。 StarterProjectでgradleに指定されているため、アノテーションは問題無いです。 しかし、Contents Assistに表示されないのは非常に困ります。 そのため、STSのLombokを有効化します。

Spring Boot 6 DIコンテナ

前回の続きです。 DIですが、Autowiredで注入できる範囲についてです。

Spring Boot 5 AutowiredとDI

Dependency Injection(DI)の話です。 SpringBootではAutowiredとアノテーションを記述することで自動でDIを行えます。 ですが、まずDIって何?利点は何なのか?ということを説明していきたいと思います。

Spring Boot 4 AOPでLog出し

Webアプリケーションの開発と保守を行う場合、リクエストとレスポンスの詳細が出ている方が良いと考えています。 AOPを利用して、メソッドのinとoutを出力させていきます。

Spring Boot 3 続 環境設定

Spring Bootの環境設定を続けていきます。 中々Srcを書き始められません。

Bitbucket with SourceTree

Version管理システムを導入します。 BitbucketでGitを用いて管理します。 EclipseとBitbucketの連携も調査したのですが、言語他の開発環境でも使うことを考え、SourceTreeを利用することにしました。

YAML 書式

Rails で使われている書式のようです。 XMLより簡単でわかりやすいということで、学んでいきます。 YAML Ain't Markup Language

Spring Boot 2 プロジェクト実行

Gradle プロジェクトを指定して[Command + F5]でGradleをリフレッシュします。 dependencies に記載されたライブラリがDL, 設定されます。 Run [Run As] -> [Spring Boot App]で起動します。 内製のTomcatが起動します。 新規作成した状態では、起動しても何…

Spring Boot 1 開発環境構築

Java フレームワークの1つ SpringがまとめられているSpring Bootを使用して、WebApplicationを作っていきます。 Spring Boot